TOP > Service > BUNSEISYA

文星舎

墓緊櫻井印刷所

紙と文字に 想いをのせて紙と文字に 想いをのせて

1924年に札の辻で創業した櫻井印刷所。
活版印刷の時代に、私たち印刷屋は毎日活字を扱い、
“文字”に触れ、以来、さまざまな情報や
ひとびとの想いを伝えるための印刷物を作ってまいりました。

時代によってその技術は変わっても、
紙と文字を扱うこの職業に誇りを持ち続け、
いまもこの川越で稼業を営んでおります。
そんな櫻井印刷所の創業当時の屋号は
“文星舎”
当社ではこの屋号を復活させ、
新たなブランドを立ち上げました。

ブランドラインは3つ。
これから皆さんに書き込んでいただくためのアイテムは、
余白を意味する (ヴァイス)、

さまざまな情報を伝える書籍やパンフレットは、
インキのスミを意味する (シュヴァルツ)、

そして地元川越に関連する商品

デジタルコンテンツが普及する現代、
あなたの胸に残る、小さな印刷物をお届けします。